有名大学の学生や大企業の経営者も、ストレスや鬱(うつ)病で自殺したり突然死したりするニュースを頻繁に耳にします。サラリーマンはストレスで鬱(うつ)病を持っている場合が多いようです。

このような事情から、心理学関連や心理ケアセンターなどが流行っています。鬱(うつ)は心が問題だということが話題になっています。

健康についての認識も変化しました。心の安定感が体の健康に密接に関連しているという医学的見解があり、食べ物や運動だけではなく、瞑想などで心を変化させることで病気を治療している人が増えています。

ストレスに関するウサギの実験があります。

5週間、ストレスを与えたウサギは、目玉が飛び出し、血液内のコレステロール値が増加しましたが、一方で、愛情を与えたウサギは、血液が比較的、きれいになったことがわかりました。

心にたまったストレスが健康状態を決める要因になっていることがわかります。

車を運転中に無意識に悪口が出る時や理由もなくイライラして神経質になる時には見逃さずに、ストレスの要因を点検してみましょう。

そして、体の毒を抜くのと同じように、心の内面をちゃんと見てきれいにしましょう。

自分が知らない内に入っている心の毒を発見するだけでも、半分くらいは解毒作用の効果があります。

ストレスを受ける時の私たちの体はアドレナリンとノルアドレナリンが分泌されます。

血圧が上がり心拍数がはやくなり、血管の内壁が損傷し、脂肪がたくさん分泌され、血液中の脂肪とコレステロール値が高くなります。

さらに心が不安になる時は、多量の飲酒や喫煙など、他の危険要因も増えます。

否定的な感情は脳にも影響がありますが、特に怒るときは100個くらいの脳の細胞が死滅するため、小さなことですぐ怒るような人は、この事実を必ず覚えておく必要があります。

さらに心が不安になる時は、多量の飲酒や喫煙など、他の危険要因も増えます。

否定的な感情は脳にも影響がありますが、特に怒るときは100個くらいの脳の細胞が死滅するため、小さなことですぐ怒るような人は、この事実を必ず覚えておく必要があります。

怒りは人を殺す

エルマーゲイツ博士は人間が吐き出す息を液体化する実験をしました。その結果、様々な色の沈殿物があらわれました。

特に怒る時に作られる茶色の沈殿物には、人を死に至らしめる致命的な毒が含まれていることを明らかにしました。

この物質を実験用のネズミに注射すると数分以内に死んでしまいました。

1時間くらい怒った場合には、80人くらい殺せるような毒が排出されるようです。『悪意を隠して話す』という言葉がありますが、怒りを持ちながら他の人達に攻撃的に接する人は、自分だけでなく、周りの人達にもダメージを与えていることになります。

怒りを感じるときはこうしましょう

『怒りが殺す』という本の作者、レドフォードウィリアムズ教授が解決した怒りをコントロールする方法を紹介しています。

1、これが私にとって大事なことなのだろうか、些細なことなら、ただ流せば良い

2、私の考えと怒りは適切なのだろうか、私の反応は理性的で正しいのだろうかを考えてみる

3、今の状況は変えられることなのだろうか、渋滞の場合は変えられない状況だから受け入れるしかない

4、行動するほど価値があることなのだろうか、価値があるなら暴力ではなく会話で相手を説得すれば良い

ブログホーム