最近、文章の書き方講座やライティングに関する本が大ヒットしています。携帯電話のメッセージ、ブログ、ツイッターのように、文字で意思疎通をする媒体が増えていることから、文を書く重要性が明るみに出ています。

胸に伝わる広告コピーが消費者の心を動かし、レポート1枚で成否を分けることもあります 。電子技術が溢れている時代でも、その基本は文を書くことです。しかし、いざ書こうとすると不安が先立ちます。考えや人格がそっくりそのまま文に反映されるからです。

簡素な文では物足りないし、長い文の方が有識に見えるという考えから、自分も知らないうちに必要のない余計な表現を付け加えてしまうのです。

考えている通りに言葉が出るように、文も同様です。明瞭な考えが、明瞭な文になります。真実と論理には、飾り立てた言葉は必要ありません。むしろ飾り立てた言葉に、読者の注意が惹きつけられて、文を理解する妨げになります。

昨今、読者達が望む良い文とは、美辞麗句を用いた高尚な文章ではなく、易しくて、内容がはっきりしていながら、心がこもったメッセージです。人気ブログの文や人気ドラマのセリフを見ただけでも、正直で、人間味に溢れる文が成功を収めていることがわかります。

まず、無駄なものを取り払うことが、上手な文を書くことへの近道です。

読者の立場に立って書きます

文を書く人は、読者をいつも気に留めておかなければなりません。読者の時間と努力、忍耐力を浪費してはいけないという意味です。

読者がメッセージをそのまま受け取るように、簡潔で短かく書かなければなりません。最近は、長い文を読むことを避ける傾向があるため、なるべく短く書くのが良いのです。

不安を捨てる

大部分の人達が、うまく書かなければいけないという重圧で、文を書くことに不安を抱いています。

かっこいい表現を用いて、おおげさな文を書いて、自分を隠そうとします。そうすると、美辞麗句は多くなり、文は長くなります。

しかし読者を魅了するのは、書き手の情熱と人間味なのです。自分をありのままに表現することで、訴える力のある簡潔な文体があらわれます。

頭ではなく、手と心で

文は考えすぎることなく書かなければなりません。すなわち、頭ではなく手で書かなければなりません。

頭の中にある、数多くの固定観念が正しいか正しくないかを判断する前に、胸の中にある言語を素早く、紙の上に書き写さないといけません。

取り除いた分だけ上手くなります

上手な文を書く為には、間違っている部分を思い切って取り除く勇気が必要です。

一日が経った後、ゆっくり読んでみて下さい。文が長すぎたり、重複されている単語が多かったりします。

書き直すことを恥ずかしがる必要はありません。

引き算の方法

華々しい単語を使うより、正確な単語を使いこなします。

① 重複した単語や副詞、あるいは外来語の翻訳表現を自粛します。

② 取り除くのがもったいなくても、加筆した文章が馴染まない時は思い切ってなくします。

③ 短期間で上手な文を書こうという欲は捨てて、最後まで最大限に練って仕上げます。

④ 他の人の文と同じように自分の文も軽んじることが本物の作家になる第一歩です。

ブログホーム