写真:https://unsplash.com

生きることが重苦しいというある男性が、人生の師匠のもとを訪れて、こう言いました。

「とても苦しくて悩んでいます。どうか幸せになる方法を教えて下さい。」

写真:https://unsplash.com

師匠は庭にいて、「今は花の世話をしないといけないから、私のかばんを少しの間、持っていてくれないか」と言いました。

彼は師匠のかばんを受け取り、持っていると、最初は重くなかったかばんが、次第に重く感じられるようになりました。

写真:https://unsplash.com

こらえきれずになった彼が聞きました。「このかばんを、いつまで持っていないといけないのでしょうか?」

その言葉に対して、師匠は

「え??重たかったら下ろせばいいのに、今までずっと持っていたの?」

写真:https://unsplash.com

その瞬間、彼は悟りました。

幸せになりたいのなら、

このように重たく抱えているすべてを下ろせば良いということを。

写真:https://unsplash.com

ブログホーム